ご近所のバー開拓月間。

おでこのニキビケア化粧水

ニキビの中でもおでこや額のニキビは思春期によくみられる症状です。恥ずかしいので前髪で隠してしまうことがありますが、前髪は上げてしまう方が治りが早いです。
おでこのニキビの原因はホルモンバランスの乱れ毛と言うこともありますが、前髪を下している場合シャンプー剤やヘアケア剤が肌に強い場合も考えられます。せめて治るまでは前髪は潔くあげておきましょう。
ニキビは化膿していない初期の段階ならば、洗顔を丁寧にすることで改善することができます。ニキビ肌には洗顔フォームは刺激が強すぎますので、ベビー石鹸などの刺激の少ない洗顔料を使用するとよいでしょう。
加えて、食生活も見直すと効果的です。食事を抜いたり、極端な食事制限をしたり、甘いものの摂り過ぎ、など偏った生活をしていると体の機能はバランスを欠いてしまいます。基本はバランスの良い食事と規則正しい生活です。睡眠も大切ですが、就寝時間も大切です。肌に良い休息時間は午後10時から午前2時だといわれています。さらに、この時間はダイエットにも効果のある時間なのです。できるだけこの時間には就寝しているように生活のリズムを整えましょう。
最も大切なことは、ニキビを気にして手で触らないことです。きちんとケアをすれば、ニキビのない美肌でいられるのです。触らない、前髪を下さない、正しい洗顔をする、規則正しい生活を心がける、これだけでおでこのニキビは比較的早期に解消することができるでしょう。

 

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのある生活は、とても快適で便利なものですが、もちろんデメリットもないわけではありません。
設置を検討されていらっしゃる方は、この機会に、デメリットについても把握しておかれることをおすすめします。
■ウォーターサーバーのデメリット
・電気代が高い?
ウォーターサーバーの電気代は、利用を考えた時、レンタル料や水の料金、配送料などは、すぐに頭に浮かび気になるのですが、電気代に関しては、それほど気にされないと言う方も少なくないのではないでしょうか。
しかし、実際には、平均で月1,000円くらいは電気代がかかってしまうのです。
意外に高いと思われるかも知れませんが、ウォーターサーバーは24時間電気を使用しているため、これくらいの金額になってしまうのです。
とは言っても、毎回、ガスや電気ポットでお湯を沸かしたり、冷蔵庫内に水のスペースを確保し続ける必要がない事などを考慮すると、それほど気になる金額ではないかも知れません。
・思いの外スペースを必要とする。
ウォーターサーバーを設置するためには、A4サイズの用紙を縦に2枚並べた位の広さに、高さ120cm程度のスペースが必要になります。
キッチンに設置するご家庭が多いので、そのような場合には、確かにキッチンが狭くなってしまうかも知れません。
・水を節約しようとする感覚がなくなる?
いつでも好きな時に美味しい水が飲めるため、ついたくさん飲んでしまうと言う方もいらっしゃるようです。
気軽に利用出来ると言う事で、これまで以上に、ふんだんに水を使ってしまったり、水道水を使う感覚で水を使ってしまう方もいらっしゃるそうです。
・一人暮らしでは使いきれない?
契約している業者さんにもよりますが、月にボトル○本などと言ったように、1月に届く量が決まっているケースがほとんどです。
24リットルくらいの量である事が多いので、あまり水を利用されない方ですと、使いきれないかも知れません。
・ペットボトルの方が便利かも?
家を留守がちにする事が多くて水の消費量が少ない方の場合は、ウォーターサーバーでなくペットボトルや浄水器の方が良いかもしれません。
コスト面では、そちらの方が、ウォーターサーバーを設置するよりもおすすめです、

オイルクレンジングの注意点

最近はクレンジングといえばオイルタイプが主流になってきました。一度は誰もが試したことがるのではないでしょうか。オイルクレンジングは、面白いほどよく落ちます。マスカラなど濃いメイクをしたときにもスッキリ落ちますよね。クレンジング剤の中では最も洗浄力が強いタイプといえるでしょう。また浴室の湿気の強い場所でも使用できるのも魅力の一つです。
オイルクレンジングはよく落ちるのですが、その分肌に掛ける負担も大きく、肌荒れの原因にもなっているのです。オイルクレンジングのこれらのメリットを保つためにデメリットも存在しています。
洗浄力が優れている分、肌荒れの原因になる界面活性剤が含まれているのです。界面活性剤はほとんどのクレンジング剤に含まれていますが、オイルクレンジング剤には最も多く含まれているために洗浄力に最も優れているのです。
まずこの界面活性剤は、メイクの汚れとともに肌にとって必要な皮脂まで取り除き肌を乾燥させ、肌に強い刺激を与えます。そして肌の潤いが奪われシワやシミ、くすみの原因にもなります。
以前オイルクレンジングは小鼻の黒ずみが取れるというので一時期話題になりました。しかし刺激が強いので注意したほうがよく、オイルクレンジングを長時間つけて肌をマッサージすると、より一層肌に刺激を与え続け、負担にもなるので避けたほうがよいでしょう。その結果、黒ずみの原因にもなりかねません。
メイク落ちがよいという点では、オイルクレンジングは最適でしょう。しかしその分肌に掛ける負担や刺激は大きく肌トラブルの原因になりますので十分に注意しながら使用しましょう。
参考:http://xn--u9jth2e374lxl0auvn1o7cmjk.net/

中性脂肪を下げる為に

中性脂肪が150mg/dlを上回ると、脂質異常症と診断され、医師の診察を受けなければなりません。
改善のためには、医師のアドバイスをもとに生活習慣や食生活を見直していく必要があります。
あまりにも数値が高い人には、投薬による治療も行われます。
ただ、中性脂肪の値は気を付ければ下げる事ができますので、高くなってきたと感じたら下げる努力をしてみてください。

 

○中性脂肪を下げる食品や成分

 

・ビタミンE
ビタミンEは、脂質の酸化を抑える成分がある為、生活習慣病の予防ができます。
美容にも効果が高いことから、お勧めの成分です。
アーモンドや植物油、ヒマワリの種に豊富に含まれています。

 

・クロム
あまり聞き慣れない成分ですが、クロムは血中に含まれているミネラルの仲間です。
糖質や脂質の代謝を支える役割がある為、ダイエットにも効果的な成分です。
ビール酵母やブロッコリー、ハムなどの食材に豊富に含まれています。

 

・アスタキサンチン
アスタキサンチンの抗酸化力は、ビタミンEを大幅に上回ります。
美容にも大変効果がある成分のため、化粧水などに含まれていることもあります。
食材としては、サケやイクラ、カニなどに豊富に含まれています。

 

・ヨウ素
ヨウ素はミネラルの一種で、エネルギーの素になったり、呼吸や体温を調整する役割があります。
ロブスターやエビ、カキ、牛乳などに豊富に含まれています。

 

・黒酢
黒酢は成分ではありませんが、黒酢にはアミノ酸やクエン酸、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている為、血液をサラサラにしたり、中性脂肪を抑える働きがあります。

 

・ギャバ
最近、チョコレートなどに含まれていることが多いギャバですが、アミノ酸の一種で脳を活性化させる役割があります。
また、内臓の活動を活発にするため、消費エネルギーを増やす事ができます。
チョコレートや発芽玄米などに豊富に含まれています。

 

・昆布
ご存じの通り、昆布には海のミネラルがたくさん含まれていて、食物繊維も豊富です。
最近、食品メーカーと大学院の研究の結果、昆布に中性脂肪を下げる働きがある事が実証されました。
特に、昆布を薄く削って作られているとろろ昆布はとてもお勧めです。
昆布が薄くなっていることで、体内への吸収率がさらに高まります。
また、酢に付け込んであるため、血液をサラサラにする働きもあります。
とろろ昆布であれば、食事の中に取り入れることができます。

 

・たまねぎ
玉ねぎを食べると血液がサラサラにというのは古くから言われている事ですが、玉ねぎいは中性脂肪を下げる役割もあります。
玉ねぎには、ケルセチンという成分が豊富に含まれています。
このケルセチンが、脂肪を排出するのに効果を発揮します。

 

・きのこ類
きのこは低カロリー食材としてダイエットメニューに多く取り入れられる食べ物です。
きのこには、「不溶性食物繊維」という食物繊維が豊富に含まれており、これが腸内で吸収される糖質の分量を押さえてくれます。

 

・青魚
青魚が中性脂肪を下げる働きをするというのは広く知られている事ですが、青魚には「多価不飽和脂肪酸」が含まれている為、悪玉コレステロールを減らしながら善玉コレステロールを増やすという働きをしてくれます。
青魚から効果的に多価不飽和脂肪酸を摂取するには、蒸す調理法がお勧めです。
水分が蒸発してしまうと、多価不飽和脂肪酸も外に出てしまう為、網の上で焼く焼き魚は、焼いている最中にその多くが失われてしまいます。
出来れば蒸して、煮魚の場合は煮汁も残さずに食べるようにしましょう。
他に、海藻類・豆類・唐辛子・お酢は中性脂肪を下げる働きがあるとされています。

 

○中性脂肪を下げる働きのある薬

 

中性脂肪は、あまりに数値が上がってしまうと投薬を処方されます。
薬で中性脂肪値を下げるためです。
薬には、大きく分けで以下の種類があります。

 

・フィブラート
中性脂肪は肝臓で作られています。
フィブラートには、肝臓で作られる中性脂肪を押さる働きがあり、血中のコレステロールを現象させる事ができます。

 

・ニコチン系
体内に蓄積されてしまった中性脂肪を分解することができます。
今までも脂質異常症に使われてきた薬です。

 

・EPA系
青魚には、不飽和脂肪酸が含まれている為、中性脂肪を下げる働きを持っています。
この不飽和脂肪酸が配合された薬が、EPA系の薬です。

 

このように、薬を使って中性脂肪の値を下げることも可能です。
ただ、薬をやめたらまたすぐに中性脂肪値が上がってしまうようでは意味がありません。
薬はあくまで補助的なものと考え、食生活を見直し、睡眠を十分にとって適度な運動をするようにしましょう。

 

○入浴で中性脂肪の値を下げる

 

入浴には、血行を促進し、疲労を回復し、新陳代謝を活発にするという3つの効果が期待できます。
実は、中性脂肪の値を下げるためにも入浴はとても効果的です。

 

中性脂肪を下げる目的で入浴をする場合は、お湯の温度は37〜39度のぬるめのお湯にしましょう。
ぬるめのお湯は、心臓に負担をかけません。
副交感神経を優位にしますので、リラックスしながら入浴できます。
できれば、半身浴で脚を伸ばし、身体を寝かせられれば理想です。

 

中性脂肪が高いと診断された方は、熱めのお湯につかることは控えた方が良いでしょう。
熱いお湯は心臓への負担が大きく、お湯につかる事で心拍数が上がり、血圧も上昇します。
そうなると、動脈硬化の恐れがありますので危険です。
中性脂肪が高い方は、ぬるめのお湯にじっくりつかる事が重要です。

 

夏の暑い時期や、浴槽につかる事が出来ない方は、足浴をお勧めします。
足を温めることで、半身浴と同じ効果が得られるのです。
洗面器などにお湯をはり、足首から下を漬けてください。
足の血管が温められ、温かくなった血液が全身を巡る為、次第にポカポカとしてきます。
時間のない方などは是非試してみてください。
管理人がお世話になってるサイト(血糖値 下げる

 
 

メニュー

最新記事